FC2ブログ

新月の小部屋

気ままに善徳女王創作二次小説を中心に他にも赤と黒の創作二次小説を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

SSS 早雪

寄り添う二人…それは



天と地が一つになる処
全てが始まり終わる処

新羅


これはその国の一人の女王と、遥か時の果てまで名のみ伝わる一人の男の物語…





SS 愛してはいけないから


SSS 『早雪』

*******


昨夜から急激に冷え込んだ…ソラボルの朝……

「陛下、お目覚めにございましょうや?」

女王はゆっくりと寝台から起き上がりいつもよりこころもち早くやって来た女官を見た。

「……」

「陛下、今朝は山の峰に雪が降りましてございます。」

「…雪……」

「もうすぐ朝日が昇ります」

(ああ、だからか…)

と、彼女は思った。

山の峰に降った雪に朝日があたる様を見せたいのだと…

女王は簡単に身仕度を整え楼台へ登った。

吐く息も白く、空気は冷たい。

遠くの山々は青くかすみその頂きにたしかに白い雪が見える。

もうすぐ陽が昇るその一瞬前の静寂の時。

ふと後ろに気配を感じた。
振り向かずともわかる。

ピダムがそっと寄り添うように後ろに立つ。

「陛下、お身体に障ります…このように早く…」

それは女王をというより女官を叱責するものであったが…

「しっ…ピダム」

「……」

「見ろ……」

朝日が昇り始め山々の峰に明けの光りが射し白い雪を美しく染めて耀いている……

「綺麗……」

ピダムはそんな女王をそっと見つめ思う。


(高い峰の雪のように届かぬのか…)


「もう陛下中にはいりませぬと…お風邪を…」

「もう少しだけ、」

ピダムは少しでも冷たい風から彼女を守ろうと後ろに立ち肩にそっと手をかけた。

ふいに女王はコトンとピダムに躰を預けてもたれかかった。

ピダムはふわっと預けられた躰に驚き瞬間の戸惑いの後
暖かな甘い悦びが自分のなかに沸き上がってくるのを感じた。

陽の光りは益々耀きを増して
雪を乱反射させて目映く

「本当に…綺麗……それにお前がいるから寒くない」

ピダムはほっそりとしてどこか清んだ花の香りするのその躰を柔らかく包むように抱き締めた。

「陛下……」



「ピダム、あの頂きのその先に広がる地全てが新羅になるまでお前は私の側にいるか?」

「……陛下…ピダムはいつもお側にいます。」

(遍く大地すべての地を新羅にする‥トンマンそうお前が望むなら、けれど…その先は?)

「ピダムぅ」

ピダムにもたれたままトンマンは思う。

(王道を進む‥私に‥、このままずっと側にいて欲しいとお前に言えたら…)

(だけど、お前を信じている。お前が私の為に捨てたものの大きさも…だからこそ言えない)


「陛下…あの峰の雪はピダムには貴いほどの美しです」


「……ああ、だがピダム、あの雪はもうすぐこのソラボルにも降るだろう」

女王は後ろに立つピダムをゆっくり振り返り透き通った微笑をうかべ、腕を空へ向けて差し伸べた。


「陛下…」

ピダムもその腕に下から腕を重ねるように伸ばし女王の白い手をそっと握った。


それはまるで見えない雪を二人の手に乗せる様に思われた。



きっとそれは二人でさえ知らない求め合う恋人たちの早雪の朝……












別窓 | 愛してはいけないから | コメント:8 | ∧top | under∨
<<夜光の杯 | 新月の小部屋 | 無窮の剣…流星雨>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-17 Thu 22:38 | | # [内容変更]
ミン様へ


おはようございます


>トンマンの想いが本当にせつなくて、でもピダムへの愛 がそこにあるのが嬉しくてたまりません。

そうなんですよねーうさこのところのトン&ピは“想いあう二人”なのかも…


>今日の妄想ポイントありがとうございます。(笑)

うさの小さなお話しにミン様の妄想ポイントがあるなんて…わーい ̄(*^▽^*) ̄的に悦んでます。


>二人が見ているのは景色だけど、頭の中にはお互いの顔 が浮かんでいる・・・・みたいな(笑)


> それか、景色を見て、すぐトンマンの後ろから愛おしそ うにトンマンの頭を見ているピダムの絵とか・・・

なるほど…そうかも…
書いてるくせに(うさこ書いてるくせに教えられて悦ぶ)←(笑)

このSSS は昨日の早朝書いてそのままup しようとしたらF2さんの不具合でテンプレートの変更ができず昼過ぎのup になりました。

高い峰の雪のようなトンマンに想いが届かないのか…と思うピダム、あの雪はもうすぐこのソラボルにも降るだろう…というトンマンの言葉を聞きピダムはきっとそのもうすぐ降る雪をトンマンのように感じて清んだ雪のような彼女の掌に舞い落ちる幻の雪をトンマンの掌ごと受け止めたのかな〜
などと思い書きました。(ぺこん)

SS の前書きや後書きが苦手なうさこなものでコメントを頂いかたのみにこうしてやっと思いや感謝をお伝えすることができます、なのでコメントを頂けると本当にすごく嬉しいです。

ありがとうございます(ぺこりん)

またのお越しを心からお待ち
申し上げます ̄(=∵=) ̄

2011-11-18 Fri 04:14 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-18 Fri 22:54 | | # [内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-19 Sat 22:13 | | # [内容変更]
うさこ様こんばんは♪
コメントするのは久しぶりな気がします。読み逃げばかりしていました。最初は白い雪のテンプレでしたよね。あれも良かったです。作品によって背景が変わると素敵ですね。一瞬びっくりしますが(笑)
前にも言いましたが、うさこ様のSSは本当に絵画を見ているように美しい景色が頭に浮かびます。冬って寒いけど(特に韓国は寒さが厳しそう)寄り添う恋人達が似合いますよね。
私のSSも冬が舞台なのは触れ合い易いからです!あとトンマンの誕生日が近いのを意識しました。書いているうちに長くなって、誕生日まで行き着きませんでしたが(笑)

この後のコラボSSも良かったです。シリーズ化してほしい設定ですよね〜。ぜひお二人で相談して下さいませ!

それでは、現実の世界もいよいよ冬本番ですから、お体ご自愛下さいね。
2011-11-22 Tue 02:56 | URL | あき #- [内容変更]
あき様へ

おはようございます。

>うさこ様こんばんは♪ コメントするのは久しぶりな気がします。読み逃 げばかりしていました。


とんでもない、でもコメント嬉しいです。
ブログ開設されお忙しいのにありがとうございます。

テンプレートの扱いもいろいろ悩んでいます。うさこがPC でないので…

>前にも言いましたが、うさこ様のSSは本当に 絵画を見ているように美しい景色が頭に浮か びます。

ありがとうございます。
目指せ!雰囲気のある男と女のSS ですかね(笑)


>私のSSも冬が舞台なのは触れ合い易いからで す!

おお!!新作ですか!?

>書いているうちに長くなって…

長い…ますます楽しみ〜っ♪

この後のコラボSSも良かったです。シリーズ化して ほしい設定ですよね〜。ぜひお二人で相談し て下さいませ!

いやーー益々ありがとうございます(なんとなく照れる)

>冬って寒いけど…寄り添う恋人達が似合いますよ ね。

いやーそのとうり!ぱちぱち(拍手)
冬場はやっぱりその路線かな〜?

それではお仕事いってきまーす ̄(=∵=) ̄
2011-11-22 Tue 08:19 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-04-17 Tue 22:12 | | # [内容変更]
ハルカ様へ

こんばんは

今日はうさこのところは暖かく麗らかな春の日でした。

そして今、 ̄(=∵=) ̄の家はたくさんの桃花で囲まれています。
桃園の中で暮らしている…そんな感じです。
このときばかりは、古い家もの光りどけき春の美しさ…かな?。


>愛が夢を邪魔する・・夢が愛を見つける・・

うーん、素敵ですね…
 ̄(=∵=) ̄の心にとっても残りました。
これはまた妄想しがいのある響きです…。

>うさこ様、 お元気でしょうか・・・?

はい、ひたすら「早く連休になれー」「お休みお休み」など心に呪文のように唱えながら仕事を乗り気っています(笑)

>先だっては、皆さまとお花見を楽しまれたご様子で、何よりでした。 満開の桜・・・さぞか し綺麗な景色だったのでしょうね・・・。

うさこの毎年行くところはなかなかの名所らしくなんとか100選にも載ってるらしいです一の段から二の段三の段と桜また桜の花、花、花です。

ただ、 ̄(=∵=) ̄はひっそりとした山桜なども好きです。

>‘春や夏’に近づけば近づくほ ど、‘秋や冬’が恋しくなり、そういう方向に行ってしまいがちな私です・・・。

 ̄(=∵=) ̄の頭の中もけっこうランダムです(笑)なので書くお話も季節がばらばらになりがちです。

>この 『早雪』 のトンマンとピダム・・・すごくキレイですよね、存在が・・・。

>空気が冷 たいから、余計にそう感じるのかな・・・。

たしかこれはまだ冬のはしりに書いたと思います。
寒い日の未明お話が浮かんで早朝お布団の中で書いたような気がします

それからハルカ様いろいろお気遣いありがとうございます(にこっ)
でもハルカ様の思いが嬉しくて ̄(=∵=) ̄が勝手に(爆)することなので気にしないでくださいね(にこりん)

2012-04-18 Wed 19:27 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| 新月の小部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。