新月の小部屋

気ままに善徳女王創作二次小説を中心に他にも赤と黒の創作二次小説を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

花香…1


SS 愛してはいけないから(番外編…現代)


『花香』…1



*******

人は、どこか懐かしく切なくそれでいて胸が高鳴るような…そんな出来事が今のそのすぐ先に待っているとも知らずにいる。

そして、ある日不意にそれは訪れる。


インミョンは大学の研究室で歴史学の研究を続けている、この日も古書店を一人特に探し物があるわけではなかったが訪れたその店で思わぬ相手と出会った。

「もっと古くて時代のついた物はありませんか?」

「古いといってもいろいろですが…」

主人は値踏みするように彼女を見た。

「お金はあります。」

制限なしのカードを見せた。

「これはこれは…」

一変に店の主人の態度が変わった。

「時代は様々ですが確かな品ばかり扱っておりますとう古書店でもめったな方にお見せしておらぬ品がございます、よかったらご案内いたします」

「………」

「あ、そうそう珍しく今日はお客様と同じような方がもうひと方いらっしゃっています」

そう言いながら店主は店の奥へと彼女を案内した。

(滅多な方には見せぬといいながら先客なんて、へん!)
と少しばかり意地悪くおもいながらも先ずはその確かな品とやらを見てみようとインミョン思った。


角を曲がった処にあるその部屋の扉は他の扉に比べひどく古めいて見えた。
店主は扉を開けながらうっすらと笑い

「もうひと方はお客様もきっとご存じの方です…品は沢山ございます、後で参ります、どうぞごゆっくり」

そう言った。

確かに見回したその部屋には歴史学者垂涎ものの幻のタイトルが書かれた背表紙のものや古代文字の綴じ本など小さな古書店にしては驚くほどの品ばかりであった。


そして彼女が並んでいる本に気をとられていたその時、カタンッと音がして書棚に寄りかかっていたすらりと背の高い男がこちらを見た。

インミョンは少し驚いた、それは彼がモデルで最近はCM やドラマにも出始めているヒョンジョンだったからだ。

インミョンはそっち方面には疎い方だがそれでも彼のことはTV などに出ているのでその存在は知っていたのだ。

「君はだれ?」

不意にヒョンジョンが話しかけてきた。

「お客よ」

急に話しかけられインミョンは驚いたはずみで少し高飛車にそう答えた。

「あはは…違いないだけど名を訊いたんだ」

屈託なく本を手にしたまま彼は近寄ってきた。
背のたかいインミョンより頭ひとつは十分高い彼はかなりの長身だ。
眼差しが優しいその眸の中には隠しきれない驚きと少しいたずらっぽいと言ってもいいのかもしれない煌めきがあった。
だから答える必要は無いと思いながらも何故だか

「インミョンよ、あなたは知ってるヒョンジョンでしょ」

そう応えていた。
一瞬何か考えるように彼女を見つめた彼は

「僕を知ってるんだ」

そう言ってとたんに嬉しそうな笑顔になる。

(なに?TV なんかとなんだか印象が違う人ね…)

「インミョン、インミョン…そう…ねえところで此処へは探し物?」

(すごく綺麗だ…綺麗だ)

ヒョンジョンはその思いを覚られぬようそう言った。

「いえ…ただ気になったの、なんだかこの店が。古い本は好き‥だから…でも何故?あなたは何か探しにきたの?」

「いや………僕は見つけたよ」

「………?」

「見つけたと思う」

「これなんだ」

そう言ってかなり古いものらしい一冊の本を彼女に見せた。
そしてヒョンジョンに見つめられたままインミョンはそれを手にとり不思議ことにその題に引き寄せられるようにページをめくっていた。





―― 花香 ――

その古い綴じ本の表紙にはそう記されていた。




陶然とするような香りに満たされた満開の梅林。
濃き薄き様々な紅と真白な梅の古木が咲き誇っている風雅な趣のある屋敷の辺り…

近頃この辺りで女人に声をかけた男のがその大層美しいし女人にに導かれた屋敷でもてなされたとか、そうかと思えばすらりと様子のよい男人に声をかけられた女もまた大層な屋敷で心地よい思いをしたとか…そんなちょっと怪しげでなかなか魅力的な噂話がソラボルの市井で囁かれ始め風にのるようにその話しは真しやかに宮殿内に出入りする貴族たちの間でも流れ始めていた。

「で、その風雅な趣のある屋敷とはいったい誰の邸なのだ?」

「さぁ…噂話ですから」

「だがお前がただの噂話を私に話しに来るほど暇だとは思わぬからなにかあるのだろう?」

「……ええ…その噂話善からぬ後日談がございまして、その大層美しいし女人とか様子のよい男人に会った者たちはその後暫くしてことごとく大切なものを一つを無くすそうにございます」

「…無くすとはどういうことだ!?差し出すということかそれとも盗まれるのか!?」

「…それが無くすものは様々で金子を無くす者めとったばかりの妻に去られるもの一粒種の愛し子が消えるなど、しかしどれもこれも暫くすると戻って来るそうにございますが金子は家に投げ込まれていたり妻や子にいたってはその間の記憶が定かでないとか…」

「……それは確かに誰かの悪戯にしては行きすぎだが悪行というには違う気もするな」

「はい…しかもこれらのめにあったのは市井の者達ばかりでなく貴族の中にも噂が広がっているということは…」

「!貴族の中にもそのようなめにあった者がおるのだな」

「そのように聞き及びます」

「…………」

ピダムはトンマンの瞳の中に困ったことだとその話を危ぶむ色と同時に楽しみを見つけたワクワクした光が一瞬見えたのを見逃さなかった。

(俺ちょっとまずかったか…公主様は頭は良いけど大人しいってわけじゃないからな、大人しいっていうよりむしろその逆、真逆!!)

(民が騙され踊らされているだけでなく貴族までとは大胆な然し目的は何だろう…)

「ピダム、これは捨ておけぬな」

「え!ですがいや‥、そうだ先ずは俺が調べます」

(そらきた!)
そうピダムは思った。

「いやこれはそなただけにまかせてはおけぬ」

「ですが…」

「拐かしめいているではないか!」

「いやですから私が…」

「ピダム一緒にことの真相を探るぞ!」

と“一緒に”を意図的にトンマンは言いピダムは一緒にの威力に負けて

「はい」

と応えて仕舞った!!と思た。
だが時すでに遅し、頷きながら近頃どうしてもトンマンに対する自分のざわめく心をもて余し気味の思いに自分で拍車をかけてしまったことに気づいた。

けれど彼は知らない“一緒に”でピダムの心を捕らえたトンマンが心で可愛い満足な笑みをもらしていたことを…


そしてピダムはトンマンの梅花の香りのするような凛とした微笑みにただ胸を高鳴らせていた。







続きます








*今回はリクエスト作品ではないのでごめんなさい。

ちょっとなんだかこんなお話しが浮かんだもので…つい。


ぺこりん
別窓 | 番外編集 | コメント:6 | ∧top | under∨
<<腕の中へ | 新月の小部屋 | 瑠璃揚翅>>

この記事のコメント

うさこ様御久し振りです 

これはトンマンでなくても興味津々 ワクワクドキドキぜひとも真相を調べに行かなければですね(笑)

ピダムの邪魔になっちゃいけないのでミンはおうちで正座しておとなしく待ってまーす(笑)
2013-06-29 Sat 17:33 | URL | ミン #- [内容変更]
うさこ さま

お久しぶりです。
えっと、実は私もトンマンとピダムが「怪しい噂」の調査に行く話を書こうとしておりましたので、今回、こちらの成行きがすごく気になっています(笑)。
続きを楽しみもしています。

それと、もし、後日二人の探検編が私のブログにアップされたとしても、驚かないでくださいね。
2013-06-29 Sat 23:59 | URL | midorin #PDrP5gew [内容変更]
ミン様へ

こんばんは

>うさこ様御久し振りです

こちらこそ、ぺこりん

>これはトンマンでなくても興味津々 ワクワクドキドキぜひとも真相を調べに行かなければ ですね(笑)

ですね、ですが…いつもあんまり考えるというよりは浮かんだまま書いているのでこれか先はまだ誰も ̄(=∵=) ̄も知らない状態です(笑)←えー…またか、うさこって感じ。

>ピダムの邪魔になっちゃいけないのでミンはおうちで正座しておとなしく待ってまーす (笑)

いやー参加してください。
怪しげな噂究明に…(笑)

つづきはたぶんあるとおもいます。

乞うご期待(笑)←根拠もないのにね…続き、浮かびますように。
祈ってどうする!?うさこ(笑)

ミン様は今何してるかなー?
なんて不意に思ううさこです。

「コメントとっても嬉しいな♪」です(笑)
2013-07-01 Mon 20:54 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
midorin様へ

こんばんは

> うさこ さまお久しぶりです。

 ̄(o^-^o) ̄にこにこ
お久しぶりです。

>えっと、実は私もトンマンとピダムが「怪しい噂」の調査に行く話を書こうとしておりまし たので、今回、こちらの成行きがすごく気になっています(笑)。

おお!!それは奇遇です(笑)

「ですが、当方行き当たりばったりにつきどう転ぶかは不明ご容赦くださりませ。」

……って感じで行き先不明の見切り発車でございます(笑)

> 続きを楽しみもしています。

続きはきっとあるはず。
まだ脳内に浮かんでませんが←怖いよそれは…うさこぉー←自分で言っときます(笑)

>それと、もし、後日二人の探検編が私のブログにアップされたとしても、驚かないでくださ いね。

はいはい、委細承知!
っていうかそういう成り行きは楽しいです。
うさこはまったくと言っていいほど瞬間の単なる思いつき派なのでmidorin様のとってもちゃんとしたSS の方をこそ楽しみにさせていただけて所謂ホクホクです(笑)

コメントありがとうございました。

2013-07-01 Mon 20:57 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]

あなたの書く善徳女王のいろいろなストーリーが面白くて大好きです!
ドラマでむすばれることのなかった
ふたり
2016-02-14 Sun 13:48 | URL | のの #- [内容変更]

あなたの書く善徳女王のいろいろなストーリーが面白くて大好きです!
切なくなったり笑えたり、最高のストーリーありがとうございます
2016-02-14 Sun 13:49 | URL | のの #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| 新月の小部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。