FC2ブログ

新月の小部屋

気ままに善徳女王創作二次小説を中心に他にも赤と黒の創作二次小説を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

鳥のように樹のように

SS 愛だと知らず


*このSS は777リクエストの時777とは別に お寄せ頂いたものでうさこのお話を好いてく ださってのことと思い。 書いてみました。

◎lastリクエストSS 第3段




『鳥のように樹のように』



******


樹々は真っ直ぐに大空へ向かい。

梢の鳥は樹々の示す遥かな空を目指す。

そして、空はただ高く青く澄み渡る…



ある日ピダムは他の花郎徒とは離れ修練場で一人剣の鍛練をしていた。

ピダムが舞うよう風を切り回転しながら宙をける。剣を突き出す着地すると同時にその剣が斬る風のうなるような音、再び舞うような足さばき、優雅に美しいそして一分の隙もない剣と躰は一体となりこれが国仙愛弟子の技さもありなんと日頃ピダムを面白からぬ風にみる花郎徒も遠巻きに口には出さぬがその動きのすばらしさに目が離せずにいた。

ただ寡黙に木刀を降り下ろしているのはユシンのみポジョンは己の目がそれを見てしまうのを厭うかの様にさっさとその場を後にしていた。

トンマンはピダムを伴い市いに赴き民の様子など見たいと思い鍛練場に来たがユシンもいることに気づき

「あっ…」

(ユシン…)


(ヨンモを選んだ…それが仕方のないこと、正しいことだと知っていても、まだ会えば胸が痛むのに…)


声をかけそびれて踵を返した…。
…とピダムが、

「公主様」


後を追いかけてきた。

「公主様、何処へ行かれるのですか?」

「ピダム」

「お出でになったのに黙って行ってしまわれようとなさるから追いかけてきました」

「……うん、市いに出ようと思い供を頼もうと思ったがただ修練の邪魔をするのは本意ではないから…」

「ピダムは修練より公主様のお供がしたいです」

「ピダムっ」

ピダムの軽口にやっと笑顔を取り戻したトンマンは

「アルチョンに頼もうとおもったが…」

「酷いです公主様」

拗ねたようなピダムの物言いにあははは…とやっと楽しげに笑ってトンマンはピダムを見つめた。

「ピダム、お前と行く」

「はい、公主様」

そして、二人は連れだってその場を後にした…


そんな二人の後ろ姿をユシンは黙って見送り一瞬眸を閉じ想いを封じ込めるかのようにまた黙々と木刀を降り下ろした。



公主として復権してから公務に忙殺されがちになるが民の暮らしぶり市場の動きをみる為に宮殿の外へでることはトンマンにとって仕事のひとつでもあり窮屈な時間から逃れることのできる唯一の一時でもあった。



トンマンはピダムは賑やかで活況がありどこか猥雑でもある店先や物売りの声を聞きヨムジョンの店にも立ち寄り久しぶりに胸が締め付けられるような思いから心が解放されたような気がした。


「公主様、」

「せっかく宮殿の外に来たのですからもう少しだけ足をのばしませんか?」

「………」

「ダメですか?」

ピダムは表情も明るくトンマンの心を思い尚更屈託がないように振る舞った。

「行きたいのか?」

「はい!」

ピダムにつられるようにトンマンは可愛いい笑顔をみせた。

「少しだけだぞ…」

「はい」

ピダムは満面の笑顔で応える。

「ところで何処へ行くのだ?」

「はい、米の収穫には間がありますがまだ瓜や夏菜、そろそろ早い豆に実が入っております、ご覧になりませんか?」

トンマンはピダムの思いもかけない提案に。

「そういうことか!視察だな。」

いたずらを見つけた様に笑いながらトンマンがそう言い

「はい、遊山ではなく視察です」

笑いながらピダムが応える。
視察という名目が宮殿を抜け出したトンマンの心を軽くする。


「ピダム、あれは?」

「なあピダム、ピダム、あれは?」

袖を引かんばかりに次々にトンマンに質問攻めにあいながらも

(なんか…二人っきりって久しぶりだな)

そうピダムは思った。
寄り添い歩く美しい二人の姿は貴族の娘と花郎と見え村人達は農作業の手を止めて見蕩れている。



二人は村人から借りた馬で道を反れて僅かに上り道を暫く行く。

「わぁー」

目の前に山スグリやナナカマド、グミの実が揺れている…

「美味しいですよ」

笑いながら言いピダムはトンマンを支えるように馬から下ろした。

ピダムがスグリの実をトンマンに差し出す。
パクりとトンマンが食べチュッと口をすぼめる。

「酸っぱくて甘い」

ピダムは可愛いい唇から視線が外せない。

「何かついているか…?」

ピダムは困って

「べ、別に…それより先程から雛の鳴き声がします」

トンマンは耳を澄ませる…

「あ!本当だ」

鳴き声の方に二人が近寄ると草影に巣から落ちたのだろう小さな雛が助けを求めるように鳴いていた。

「ピダムっ」

ピダムは頷き雛を掬い上げ巣へそっと戻してやった。


ピダムは急に悪戯っぽく笑うとゴロンと急に草の上に寝転がった。

「ほら、こうすると空も樹も鳥もよく見えます」

呆れたように笑いながらトンマンもピダムの横に座った。

「公主様も、ほら…」

躊躇うトンマンの袖を引き

「あっ…」

ピダムの胸に倒れこむようになり腕枕されて仰向けになった。
起き上がろうとしたが見上げた空があまりに青くてトンマンは起き上がりそびれた。


しばらく二人は草の上に仰向けてただ梢の向こうの高く青い空を見ていた。

先程、巣にもどした雛や仲間の雛達の小さな囀ずりが聞こえている。

梢に光が透ける…

「可愛いかったな、あの雛」

「はい」

「あの雛今頃、メンメでぶつよ、なんて叱られているかな…」

「!公主様はおありなのですか?」

あはは…トンマンは笑う

「そうは言われたがメでぶたれたことはないな」

「あれは痛いです」

「お前、国仙に?」

「…………」

自分で言い出しながらソッポをむくピダムをなんだか可愛いく思いトンマンはそままでピダムの肩に頭を寄せた。
ピダムはそんなトンマンの仕草にドクンッと胸が高鳴った。


「公主様…」

トンマンのそっともたせかけた頭を軽く抱くようにピダムは引き寄せた…

「ピダム…」

天へ向かい伸びる梢、名も知らぬ鳥が空に高く飛んでいく、草の上の二人は流れる雲を見ている。



「公主様…ピダムは決して公主様のお側を離れません」

不意にピダムが言った。
それはユシンをへの想いを封じる彼女の心に寄り添う言葉であった。


「……付いてくるか?」

「はい…」



二人はただ樹々をそよぐ風の音を聞いた…


(トンマ俺はあの鳥のようなものかもしれない、…そしてお前は俺の選んだ公主様だ、俺が鳥なら剣という翼でお前を護る…)

ピダムは知らないその翼が時に彼女を傷つけるかもしれないということを…

(ピダム、お前がともに来ると言うなら時に私はお前が羽を休ます樹になろうそしてお前が迷わぬように標となろう)

トンマンは知らない物言わぬ樹は鳥の言葉に応えられぬことを…


風がそよぐ時の中、二人はまだ運命を知らない…


愛だとしらず………ただ、求めあう…








*『鳥のように樹のように』
お読み頂きましてありがとうございます。

これはピダムの剣についてうさこなりに書いてみたものです。

頂いたリクエストではピダムの剣(剣舞)とあり少し考えましたが…華麗な装束を纏うピダムも素敵かとは思いましたがうさこの世界のピダムの本質はストイックなところにあるように ̄(=∵=) ̄は今のところ考えています。
なので“若き日のピダム、ピダムは鳥で剣はその羽”というイメージになりました。
リクエストともしイメージが違ったら申し訳ありません。
(ぺこりん)
そしてピダムが鳥ならきっとトンマンは樹なのかな…と、そして空を目指す二人です。




*メ(鞭)

「メンメで打つよ」…日本語の「メー!」と叱るときの語源だとか…

韓国語の発音と日本語の発音が古代では非常によく似ていたそうです。(そうかもねー…なんて頷く ̄(=∵=) ̄です)(笑)





*6月10日1100拍手御礼
別窓 | 愛だと知らず | コメント:0 | ∧top | under∨
<<催涙雨 | 新月の小部屋 | 雨契>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| 新月の小部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。