新月の小部屋

気ままに善徳女王創作二次小説を中心に他にも赤と黒の創作二次小説を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

夜半の月 前編

SS 愛してはいけないから

『夜半の月 前編』

*******


「ピダム…」


トンマンは寝台に身を横たえうつ伏せていた。

数日前、便殿会議でピダムを叱咤してしまった。
叱責で済ませればよかったのかもしれない…しかし…
やはり同じことだろう……。

ピダムはあの時一切、口ごたえしなかった、女王の私に叱咤されただじっと私見ていた。



百済のフギョンが数名宮殿に忍び込み危うく女王の寝所近くで捕らえられるという事件があった。
侍衛部と司量部が未然に防ぎ逃げた者を司量部が捕らえ取り調べ中であった。

その捕虜を司量部令がことの詳細も解らぬまま死なせた、いやただ死なせたのではないかなり酷い死なせ方であった。
女王の命を狙ったのだから当然ともいえようが王命を待たずにのことである。
侍衛部を抜いて捕らえたまでは司量部の手柄としても王命を待たずに罰を下すのは僭越な行いと言わざるおえない。
いくらピダムが寵臣といえど見過ごすわけにはいかない。
女王のピダムへの日頃の信頼が厚いだけにあの日の便殿会議の女王の怒りは居並ぶ諸侯をも恐れさせた。

あれほどの寵臣が一度の失態で謹慎とは…。
降格すらありえる勢いをアルチョンがとりなした。
出し抜かれた侍衛部令のとりなしは女王の心に届きピダムは謹慎のみで済んだのだ、と誰もが思った。




トンマンはあの夜をフギョンの忍びこんだ夜を思った。

あの夜はアルチョンは居なかった…

ピダムも来るはずであったのになかなか姿を見せない。
遅くまで待ってはみたがそして夜半変事はおこった。
何者かが女王の寝所へ忍び込んだのだ。

「ピダム?」

影が動いた。
瞬間トンマンはピダムではない者の存在を感じ素早く寝台を離れた。
ここへたどり着いたということは女官が手引きしたか!?扉の外の警護の者はどうなったトンマンは扉までの距離を目で計りながら頭をめぐらせ影に潜み次の瞬間にも襲いかかってくる敵と対峙していた。
闇が意思をもって広がるっ!と一瞬はやくトンマンが扉へ走った。
敵は光る刄を向け女王の命を狙う。

「ピダムー!」

トンマンはあらんかぎりの声で叫んだ。
まるでその声に呼応するかのように扉が開き

「陛下!」

声とともにピダムの剣が閃いた。
次の瞬間ドサッ…と音がして咽をきられた刺客が倒れた。
ピダムはトンマンのまだ解けぬ張りつめたままの躰をぐっと庇い抱き締めた。

「申し訳ございません陛下」

ピダムがあと一瞬でも遅れていたら…トンマンは張りつめていた息を吐き気丈に言った。

「ピダム逃すな!」

ピダムは女王の手を握ったまま扉の外へ出、控えていた司量部の部下に敵を捉えるよう命じた。

「ここから逃がすな!残らず敵を捉えよ」

その声にかぶるように女王は乱れた寝衣にピダムの上衣を掛けた姿で

「殺してはならぬ、命あるまま捉えるのだ!」

そう命じて辺りを見回した。
そこには侍衛部の護衛兵と幾つもの女官が無惨に倒れていた。

「侍衛部は敵の陽動にかかったものと思われまする」

「……」

「直ちにアルチョンを呼べ」




あの時の想いは、刺客に忍び込まれたことにも侍衛部が裏をかかれたことにも腹を立てていたがピダムがあの時遅れなければよかったのだという女王というよりは一人の女の遅れた恋人への拗ねたような腹立たしい想い…だが実際はあわやというところでまにあったのだから女王として捕縛の褒美のつもりでその取り調べを司量部にまかせさらなる功を上げる機会を与えたつもりであったが彼は取り調べの最中女王の許可もなく大罪人を勝手に処断した、それはたとへピダムといえど捨て置けぬ事であった。

(ピダム、何故一言も弁解しなかったのだ…)

(お前の越権を許るすわけにはいかないとお前も常から知っていたはずそれを許せばお前を奸臣佞臣よばわりする者共にお前をおとしいれる口実を与えるだけ)

雲に隠れた冷たい月は姿も見せずトンマンの髪に寝衣にそして躰に絡みつく。
寵臣であるがゆえに、お前をもっと側に置きたいがゆえに許すことのできない事がある。

(お前の思いがどうであれ王は等しく慈しみ等しく罰せねばならない…が、私は…)



もう何日トンマンに会っていないだろう…ピダムは自邸で
室に隠ったまま食事すら僅かに粥を食べる程度で誰にも会わず過ごしていた。

あの夜あと一歩自分が遅れればどうなっていたかそれを思うとピダムは己が許せない気持ちであった。

そして、あの取り調べの最中ピダムは百済のフギョンとしれたその口を持たぬかのように開かぬはずのその者の口が愚弄するかのような言葉を発した。

「新羅は女などに国を建たせる者共、その女は美しいといえど石女ではないか百済の王の奴…」

最後までその刺客の言葉は続かなかった。
ピダムの剣が男の目玉を貫き叫ぶ男の咽を低い唸り声を発しながら切り裂いた。

「さ、司量部令!」

ヨムジョンが止める間もなかった。

「ほかの刺客も二度と歩けぬようそして二度といらざる口を叩けぬようにいたせ!」

「ピ、ピダム公!ピダム公!」

ヨムジョンはピダムの言葉に驚き止めようとした。

「王命がございません今回の罪人は…」

ピダムはヨムジョンの言葉に耳をかさなかった。

月の光が細く室に差し込み彼は扉を開け放した。

ピダムはまるで雨のように降りそそぐ月光の中、庭に立った。
彼は衣を剥ぐように脱ぎ捨てて女王に逢えず軋む心と静まらぬ躰を月光に晒した。
褌衣のみで佇むその姿は月の光をうけ抜き身の剣が照り返すようにまるで青白い炎を纏っているようであった。
その炎は押さえつけた女王へ向かう想いの表れ、それはまるで波動のように静寂を保つ空気を震わせていた。

(陛下…私をお呼びください)



夜半の月は煌々と闇を照らし逢えぬ二人の心にその月影を蒼く落としていた…。






続きます…




*夜半の月(よわのつき)お読み頂きましてありがとうございます。








別窓 | 愛してはいけないから | コメント:6 | ∧top | under∨
<<夜半の月 後編 | 新月の小部屋 | 草春賦 >>

この記事のコメント


うさこ様へ



こんばんは(^-^)/

読んでる最中からピダム素敵キャーo(≧∇≦o)キャー(o≧∇≦)o
と一人ニマニマしていたので周りに居た者たちは不気味だったかもしれません(汗)

それほどに今回のお話のピダムに心奪われてしまいました。

特に後半部分のピダムの形容はふーっです(←変な表現でm(__)m

月の光を浴びるピダム、それだけ想像しただけでも魂を持って行かれそうなのに…
抜き身の剣のような青白い炎を纏ったピダムって!
しかも空気振動するくらいの炎って。
どんだけカッコイイだろう。萌え~~

青い炎は最も熱い炎ですから、ピダムのトンマン禁断症状の凄まじさを思うと続きは鼻血が出そうな話になるのでは?

と超期待をしてるテヤンでした(笑)


2012-03-13 Tue 00:53 | URL | テヤン #vbu/5PMA [内容変更]
うさこ様こんにちは~(*^_^*)

ピダム・・・どうなっちゃうの~けど、ピダムはトンマンを傷つけるものは許さないから絶対自分から何にも云わないだろうし、本当の事を知ったトンマンが心を痛める姿も見せたくないな~
トンマンの痛みはピダムの痛みなんですよね~

お互いの痛みがわかって、お互いで傷を癒せるといいんだけどなぁ・・・

うさこ様のピダホ(笑)にはドキドキされっぱなしです(*^_^*)

心拍数上がっちゃう(笑)

楽しみにしてますね~




2012-03-13 Tue 13:17 | URL | ミン #- [内容変更]
テヤン様へ

こんばんは ̄(=∵=) ̄

いつもお読みいただきましてありがとうございます(ぺこりん)
うれしいです(にこりん)



>キャーo(≧∇≦o)キャー(o≧∇≦)o

可愛いですテヤン様…

>特に後半部分のピダムの形容はふーっです(←変な表現でm(__)m

あははは…ふーなピダムです(照れっ)

> どんだけカッコイイだろう。萌え~~

でも褌衣ですけど(爆)

>青い炎は最も熱い炎ですから、ピダムのトンマン禁断症状の凄まじさを思うと続きは鼻血が 出そうな話になるのでは?

次で終わるかその次まで行ってしまうのか!?うさこにもまだ解っていないので前後編でなく一応、(1)としておきました(←いい加減な…)(笑)
でもポケットティッシュくらいはどこかで必要になるかも(笑)

>と超期待をしてるテヤンでした(笑)

うーんでもいまのところ謹慎中のピダム…いつまでこんな状態でー!!と書いた ̄(=∵=) ̄が叫んでます。
いや叫んでるのはトンピかも…



年度末は見てみぬふりをしていたもろもろの帳尻合わせ!?が~と職場で言いながらさらに知らんぷりを決め込むうさこです(←どうする ̄(=∵=) ̄!!)(爆)

それではまた…
2012-03-14 Wed 00:05 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
ミン様へ

こんばんは♪

>ピダム・・・どうなっちゃうの~けど、ピダムはトンマンを傷つけるものは許さないから絶 対自分から何にも云わないだろうし

うーんそうでしょうねー、どうなるのかなー?
そしてうさこのところのピダムはストイックなとことがあります(←えー…あんなことやあんなことするけど)(笑)

>お互いの痛みがわかって、お互いで傷を癒せるといいんだけどなぁ・・・

なるほどー…。

>うさこ様のピダホ(笑)にはドキドキされっぱなしです(*^_^*)

>心拍数上がっちゃう(笑)

誰かを本気で愛する男は魅力的なのかもしれません。

>楽しみにしてますね~

はーい(←大丈夫か ̄(=∵=) ̄そんなに明るく返事して)

なぁ~んも先を考えていない ̄(=∵=) ̄より(ぺこん)←明らかに続き?なことを誤魔化しましたよこの ̄(=∵=) ̄(爆)

えへっ、それではまた…
2012-03-14 Wed 00:15 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
うさこ様  こんにちは。


今日は、風がものすごくて外出は控えました。
今は、雨が降っています。

うさこ様の仰った 「トンマンになって・・・」を、ずっと考えてました。自分をトンマンに置き換えるのではなく、トンマンに私がなればいいのかな?そういうことなのかしら? と。 だとしたら、余りにも自分とトンマンは違いすぎるので、出来るかどうか不安です(笑) でも、そういう風にして読んでみようと思います。また、違った世界が見えてくるのかも・・・。

そして、今更ですが私、刺客の目玉を剣で貫いたピダムに心を持ってかれてしまったようです。このピダムって、それこそ刃物のように鋭くて、激しくて、獣のような荒々しさもあって、素敵です本当に! テヤン様のお言葉をお借りするならば、まさしく 『ふーっ』 ですv
映像を想像すれば、ただただおぞましい場面だと思うのですが、“ピダム&ナムギル&うさこ様”の手に掛かると、其処はもう震えるくらい残酷で美しい狂気の世界に・・・!
『目』 ではなく 『目玉』 という表現も、私を煽ります。目って私には急所なんですー。怖くってコンタクトも入れられません・・・。昔、ヒロインが自分の目を刳り貫いてしまったフランス映画がありましたが、あの時のぞわぞわ感が蘇りました。

それとですね・・・とても言いづらいのですが私、「朝霧」を 逃してしまいました・・・。皆様のコメントを読ませて戴いてものすごく落ち込みました・・・。‘うさこ様ピダム’とすれ違ってしまって、ひどく悲しみましたが 「次こそは!」 と気持ちを切りかえました。

もうすぐ4月ですね。 また電池切れしないよう、うさこ様の次なるSSを楽しみに、私も頑張りたいと思っております。
2012-03-31 Sat 17:10 | URL | ハルカ #HX7bbD3I [内容変更]
ハルカ様へ

こんばんは

>今日は、風がものすごくて外出は控えまし た。 今は、雨が降っています。

 ̄(=∵=) ̄のところも風が強く雨まじりでした。

>自分を トンマンに置き換えるのではなく、トンマン に私がなればいいのかな?そういうことなの かしら?

>また、違った世界が 見えてくるのかも・・・。

トンマンになってみる…うんいいですね ̄( 〃▽〃) ̄

>このピダムって、それこそ刃物のよう に鋭くて、激しくて、獣のような荒々しさも あって、素敵です本当に!

自分のただ一人の女王への無礼しかも刺客ごとき!?の無礼となると我慢できないしトンマンの命を危険にさらしてしまった自分への苛立ちも爆発したのかも…。

>其処はもう震えるくら い残酷で美しい狂気の世界に・・・!

ピダムの怒りが剣を伝い相手を貫き切り裂いたと思います。

>それとですね・・・とても言いづらいのです が私、「朝霧」を逃してしまいました・・・。

予告も無しでしたからすみません。
あの前の日、朝霧が深く仕事で早出をした ̄(=∵=) ̄が職場の部屋で一人でいた時ふとこんなお話ははどうかな?と思い付き、儚い話しなら霧のように消えてしまうのが相応しい気もして…。
それに ̄(=∵=) ̄恥ずかしがりやですし(←えー笑)

今夜は新月ではなく上弦の月ですが夜中にこっそり新月の小部屋を開けておきます(笑)

“宵の間や 都の空に住みもせん 心つくしに あり あけの月”

追記…ごめんなさいさっき更新中タイトル間違えがありました(ぺこりん)
2012-03-31 Sat 20:37 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| 新月の小部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。