新月の小部屋

気ままに善徳女王創作二次小説を中心に他にも赤と黒の創作二次小説を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

春雷

SS 愛だと知らず

『春雷』(微修正いたしました)

*******

春まだ浅い日、冷たい空気の中に紅梅白梅の香気が競い会うようにそこここから月城を包んでいた。

ソファがトンマンの身支度を整えるのを手伝いながら心配げに言う

「大丈夫ですか?お嫌ならお断りになられればよいのです。」

「母さんは心配性だな、‥大丈夫このくらいできなきゃ」

トンマンは白からごく淡い紅へ裾に行くにしたがい徐々に紅が濃くなる美しい衣に手を通した帯も金彩を施したものですらりとしたトンマンの華やかな美しさを引き立てていた。

「ユシン郎とヨンモ夫人、ハジョン公であろう?」

「はい、そのように承っております」

「心配ない」

「ですが…」

ソファは意地っ張りで気が強そうに見えて本当は脆いほど傷つきやすい公主を安じて胸を痛めていた。
ユシン郎とヨンモ夫人がその父であるハジョン公に伴はれ本日、新春と婚儀を無事すませた報告を兼ね挨拶に参ると言うのだ。
大貴族が婚儀のさいの祝いの品々への返礼に王の元へ挨拶に参じるのは慣例として解るが公主への挨拶とはソファはいくら考えてもミシル側の公主への当て付けか嫌がらせとしか思えないトンマン公主とユシン郎の想いを引き裂いておきながら…ましてソヒョン公にではなくハジョンに伴われてとはこの婚へのミシル側の力が窺われる。

鏡の中でそんなソファに辛い素振りも見せずかえって彼女を労るように見つめるトンマンにソファはもうそれ以上何も言えなかった。



ピダムは朝からずっといらいらと鍛練場で剣を降り下ろしていた。
遠巻きに他の花郎たちはそんなピダムに触らぬ神に祟り無しの態で近寄る者など誰もいなかった。

(まったく、あいつはなんでトンマンを悲しませる事ばかりするんだ!)

自分がトンマンを困らせることばかりするのを棚にあげてピダムは怒りの鎮まらぬままでいた。

(トンマン…また泣けずにいるのか?)



「ユシン郎」

しっとりとした声でヨンモは夫である男を呼んだ。
美しく艶ややかな妻をユシンは見た。

「公主様にお会いするのにどこかおかしくはございませぬか?」

ごく淡い桃花色に薄い水色を重ねた優雅な衣を身に纏いヨンモは柔らかな声でそう尋ねた。
女の衣に興味など全くないユシンにもヨンモの身支度が完璧なのは解る。

「お前におかしなところなど、どこにもないと思うが」

美しいとかいう誉め言葉などユシンの頭には浮かばぬらしい。
そんなユシンにヨンモは武骨だけれど偽らぬ心を見てとり優しく微笑みかえした。

(公主様はいったいどのようなお方であられようか?遠目でお見かけしたことがあるだけ…ユシンろうと想いを交わされていたなどと噂をきいたが…)

そしてヨンモは抜こうとすれば棘のようにより深く胸に刺さる想いを見せぬよう羞じらうそぶりでそっと夫の手をとった。



「公主様ヨンモにございます。」

ユシンが紹介するのをハジョン公は人の悪いニヤニヤ顔を扇で隠しながらみている。
トンマンは

「ユシン郎ヨンモ夫人おめでとう…」

いざ二人を目の前にしたら、震えず真っ直ぐ見つめてそう言うのがせえいっぱいであった。

「いやーまこと似合いの二人にございます。なによりの縁組みにございました。」

声高にハジョン公が言う。

ヨンモは公主を目の前にして驚きを隠せなかった。

(お見かけした時は遠目であったからしかとは分からなかったが…美しい方だわ、それに凛としていらっしゃる…)

何だかいつもより男らしく見えるいユシン、ミシルの血縁だけあって慎みの中にも隠しおおせない色香の滲むヨンモを見つめているトンマンはじっと、覇道の為に諦めたものへの痛みに耐えていた。
それでもトンマンはなんとか押し出すように言葉を紡ぎだした。

「ヨンモ夫人…ユシン郎は誠に誠実な方ですしかし不器用でもあります、がどんなことも最後は新羅の為もっとも最良な道を選ぶ方です。」

「はい」

「ユシン郎を助け新羅の為にお勤めになるよう。」

「はい、公主様必ずやおおせに従い新羅を公主様をお守りする子を授かるようユシン郎を助け勤めまする」

「…………」

ユシンは顔を赤らめながらヨンモを困ったような咎めるような目で見頭を垂れた



(何故あんなことを言ってしまったのだろう…)

ヨンモは邸に帰って一人考えていた。

(……あんな子供じみたこと、公主様があんなにも美しかったから?それとも夫がやけそわそわしていたから?…)

彼女は召人に命じて寝衣に秘密の香を焚き染めさせながら

(ううん違うは、あの時公主様がユシン郎を見た時彼は見たこともない目をしてあの方を見たから……)

ヨンモは立ち上がり自ら香が隅々までいき渡るよう衣を直した。



トンマンは一人室で椅子に腰掛け眸を閉じていた。
幸せな、少なくともトンマンにそう思わせる二人の姿…
盗られたくない、私にトンマンに賭けると命も捧げると言った心だけは…。
そのためには私はもっと公主として力を養はねば…。
そんな苦しい心を押さえこむようにしていた時


「公主さま」

扉の外から声が聞こえる。

「ピダムか?」

「はい」

「入れ」

ピダムはトンマンが心配でどうしても我慢できずやってきたのだ。

「どうした?」

「いえ、」

トンマンはピダムの物言いたげな顔を見て彼女は心に小さな灯りが点ったような気がしてクスリと笑いながら言った。

「せっかく参ったのだから梅でも見よう」

沢山の紅と白の梅が闇に灯火のように浮かび上がっている。
しばらく二人は何も言わず添うように歩いていた。


「ピダム…綺麗だろう、まだ他の花も咲かぬのに梅は美しい花を咲かせ香りも気高い。」

「…公主様知っておられますか…梅が下を向いて咲くと春雷が鳴るという言い伝えを」

「いや…初めて聞く」

「公主様、雷を呼ばぬよう微笑んでください」

「ピダム…」

「でも、もし下を向きたくなったらピダムをお呼びください」

「………」

「そうすればピダムが駆けつけ誰にも見られぬようお隠しいたします。」

そう言ってピダムは不意に隠すようにようにトンマンを懐に引き寄せた。

「ピダムっ…」

トンマンは驚いたがその懐の温もりが心地よくそのままにもたれかかっていた。
顔を上げようとしたトンマンの髪をピダムのすっと長い指がそっと押さえた。

トンマンはその時不意にドクンッ、と自らの鼓動が高鳴り始めどうしていいか分からなかった。


(春雷…)


早春の花闇の中、ピダムの腕の中で聞く自らの鼓動は春雷のごとく移りゆく季節の始まりの音のようにトンマン自身の胸に響いていた。






別窓 | 愛だと知らず | コメント:14 | ∧top | under∨
<<草春賦 | 新月の小部屋 | SSS燃ゆる>>

この記事のコメント


うさこ様


こんばんは~

わぁ~o(^-^)o
公主時代の「愛だと知らずに」シリーズ?ですね♪

うさこ様のお書きになる女王時代の「愛してはいけないから」も大好きですが…
やはり可愛らしさでは公主時代が勝るかなぁと思います。

姿形ではなくトンピの気持ちが初々しくて翳りが全くないのが良いと思うんです。


梅と春雷が沢山描かれてますねー♪

誇り高く咲いている梅(トンマン)が春雷と共に降る雨(ユシンの結婚)に打たれ…

ユシンの妻ヨンモが艶やかな紅梅だとすればトンマンは清楚な白梅と言えるし(ベルバラ見たいです(笑)

白梅のようなトンマンを守るように抱き締めるピダム。
その胸の中でトンマンは己の胸に春雷(恋の始まり)を覚える。
ピダムが春雷とも言える気もしますし…


春の香りと二人のまだまだ淡い恋心を届けて頂き、心がほわんと温まりました♪


2012-02-27 Mon 23:57 | URL | テヤン #vbu/5PMA [内容変更]
うさこ様こんばんは~(*^_^*)

ユシンが結婚したからこそ(笑)トンマンと両想いに為れただろう~(いやだけど(笑))
ある意味、ミシルに感謝してました。(笑)

トンマンを慰めるのはやっぱりピダムの役目ですもんね~

ヨンモの女優さんは美人でしたよね~
いかにもミシルの血を引いている感じの(笑)

政略結婚だと、その後がどうしても奥さんがないがしろにされている感じのお話が多かったですが、ユシンはきちんと夫の務めを果たしているのを見て(笑)やっぱりユシン真面目よね~
ってテレビに向かって言ってました(笑)

楽しいお話ありがとうございました。(*^_^*)
2012-02-28 Tue 00:46 | URL | ミン #- [内容変更]

 ̄(=∵=)  ̄様


またまたこんばんは~です♪

加筆部分、テヤンうる覚えなので、違うかもしれませんが…

愛するピダムの描写2点。

ピダム→トンマンに迷惑→棚上げ

ピダム→の長い指→トンマンの髪を撫でる

ここでしょうか?


棚上げエピはピダムのピダムらしさを。

長い指はトンマンのドキドキ感(◎o◎)をよりUP~
ピダムの指使いは美しい♪
いやエロいかなー(笑)

恋の始まりのドキドキ感=春雷
がより一層強調されて…テヤンも更にドキドキしながら読ませて頂きました!


2012-02-28 Tue 18:33 | URL | テヤン #vbu/5PMA [内容変更]
テヤン様へ

こんばんは~

>うさこ様のお書きになる女王時代の「愛してはいけないから」も大好きですが… やはり可愛らしさでは公主時代が勝るかなぁと思います。

まだピダムへの愛の芽生えにに気づかないトンマンに恋するピダム…かなぁ!?と書きながら思ったりします。

>梅と春雷が沢山描かれてますねー♪

>ユシンの妻ヨンモが艶やかな紅梅だとすればトンマンは清楚な白梅と言えるし(ベルバラ見 たいです(笑)

>白梅のようなトンマンを守るように抱き締めるピダム。 その胸の中でトンマンは己の胸に春雷(恋の始まり)を覚える。 ピダムが春雷とも言える気もしますし…

ありがとうございます。
うふふっテヤン様の解釈をお聞きするとわくわくします。
まだ淡い思いの二人をもっと書いてみたくなるから…

春雷が鳴りきっと二人の心の季節も変わっていきます……
2012-02-28 Tue 19:51 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
ミン様へ

こんばんは
今日は勤め先でエネルギー消耗する出来事があったもので
皆様のブログで癒されたいです。



>ユシンが結婚したからこそ(笑)トンマンと 両想いに為れただろう~(いやだけど (笑))

もしユシンがあの時結婚しなかったらどうなったのかなー
ピダムはいつまでも片想いのままだったのでしょうか?
それとも何かのきっかけでトンマンをその手に掴むことができたでしょうか…?

>トンマンを慰めるのはやっぱりピダムの役目 ですもんね~

ピダムでないとトンマンは癒されません(きっぱり)(笑)

>ヨンモの女優さんは美人でしたよね~ いかにもミシルの血を引いている感じの (笑)

ユシン…やっぱり堕ちちゃったの~(いいのかぁー)←トンマンの為に叫ぶ ̄(=∵=) ̄

>政略結婚だと、その後がどうしても奥さんが ないがしろにされている感じのお話が多かっ たですが、ユシンはきちんと夫の務めを果た しているのを見て(笑)やっぱりユシン真面 目よね~ ってテレビに向かって言ってました(笑)

 ̄(=∵=) ̄は思ってました二人(トンマンとヨンモ)が目の前で死にかけてたらユシンさぁさぁどっち助けるの?どっち諦めるの!?と…どっちでしょう?
でもユシンは伽耶しか助けないのかも…ていうか伽耶は捨てないんですよねー。

すみません、ついつい一人エキサイト(爆)
2012-02-28 Tue 21:20 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
フフッ、必殺(笑)コメント返し

>もしユシンがあの時結婚しなかったらどうなったのかなー
ピダムはいつまでも片想いのままだったのでしょうか?
それとも何かのきっかけでトンマンをその手に掴むことができたでしょうか…?

うーん。ユシンが独身だったなら・・・・、考えたくないですね~(笑)
ただ、ピダムの時みたいに、ユシンとの結婚宣言はなかったでしょうね。(ユシンがその気が起きないから・・・・)
ピダムはそれこそ、ユシン追い落としに勢力を使って、早い段階で、貴族VS伽耶勢力で内乱にになっていたかもですね~
だから、ユシンとヨンモの結婚は絶対必要なんですよ(笑)

> ̄(=∵=) ̄は思ってました二人(トンマンとヨンモ)が目の前で死にかけてたらユシンさぁさぁどっち助けるの?どっち諦めるの!?と…どっちでしょう?

それは勿論トンマンです。だって、女王様だから・・・
けど、ユシンってあんまりトンマンをきちんと助けている記憶がないんですよね~(笑)
いざって時に、勝手なことするし(笑)

もし、二人がおぼれたとしても、トンマンが先なのはヨンモが一番わかっているのかもですね(ぅう…不憫だ)(*_*)


でもユシンは伽耶しか助けないのかも…ていうか伽耶は捨てないんですよねー。

それは私も思います。ってか、ユシンの中では神国(=伽耶)になっているから、神国のためならトンマンも捨てそうな気がする・・・・

だから、ピダムがいいのにね~(笑)
って、私はトンマンに叫んでみました(笑)


2012-02-29 Wed 00:08 | URL | ミン #- [内容変更]
テヤン様

またまたこんばんは(笑)

テヤン様にどの時点でお読み頂けたのかわかりませんが

1「紅梅白梅の 香気が競い会うようにそこここから」は元は「白梅の香気がそこここから」というように白梅のみ。

2.「トンマンの衣は白から薄紅裾行くにしたがい徐々に濃くなる」元は「白から」文字はありませんでした。

3.「ましてソヒョン公にで はなくハジョンに伴われてとはこの婚へのミ シル側の力が窺われる。」の部分、元はこの部分は無く加筆しました。
(ここがないとハジョンと一緒に来るのはおかしいし)

4.「 それでもトンマンはなんとか押し出すように 言葉を紡ぎだした。」というユシン夫妻との対面の部分も加筆しました。

5.「トンマンの髪をピダムの すっと長い指がそっと押さえた。」の「すっと長い指」「そっと」という形容の部分です。
(普通手で押さえると書くべきところをあえて指にしたのだからその部分をもう少し書くべきかと思い。)


たぶんこれだけ(←えー秘かにこんなにも~)かなー(笑)
何回かに分けて加筆修正したもので…

>恋の始まりのドキドキ感=春雷 がより一層強調されて…テヤンも更にドキドキしながら読ませて頂きました!

ありがとうございます(ぺこりん)




2012-02-29 Wed 00:11 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]


 ̄(=∵=)  ̄様


全く検討外れなコメントを書いてしまいました(^_^;)


こんなところがリラックマなテヤンです。

惚け過ぎたろ!お前ーーっ(-_-;)
と時々笑われてます(←時々じゃないかも(笑)


これからはするめの唄様を見習って印刷しようかしら。


返コメありがとうございましたm(__)m


2012-02-29 Wed 11:51 | URL | テヤン #vbu/5PMA [内容変更]
ミン様へ

こんばんは♪

今ちょとお酒の入っている ̄(=∵=) ̄です(笑)



>うーん。ユシンが独身だったなら・・・・、考えたくないですね~(笑) ただ、ピダムの時みたいに、ユシンとの結婚宣言はなかったでしょうね。(ユシンがその気 が起きないから・・・・)

トンマンもその気!?は起きないかもですよね…(笑)
トンマンのユシンへの想いは本当には恋とか愛だったかどうか ̄(=∵=) ̄的には疑問です。

>ピダムはそれこそ、ユシン追い落としに勢力を使って、早い段階で、貴族VS伽耶勢力で内 乱にになっていたかもですね~ だから、ユンシンとヨンモの結婚は絶対必要なんですよ(笑)

ユシンにあってピダムにないものはなんでしょうか?
既存の勢力でしょうか…?
その勢力の為に自己犠牲できることなのでしょうか?

それが真心?なのでしょうか?
究極の保身の様にも思えますが…。

>どっち諦めるの!?と…どっちでしょう?

>それは勿論トンマンです。だって、女王様だから・・・ けど、ユシンってあんまりトンマンをきちんと助けている記憶がないんですよね~(笑) いざって時に、勝手なことするし(笑)

ユシンはトンマンを助けるのではなく大義をもって伽耶を守る勢力を助けるのだと思います。

>だから、ピダムがいいのにね~(笑) って、私はトンマンに叫んでみました(笑)

ですよねー(笑)
2012-02-29 Wed 20:16 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
うさこ 様

>ユシンにあってピダムにないものはなんでしょうか?
立ち読みした、とある韓ドラ時代劇ガイド本に、これに近いものが載っていました。それによると...

ピダム=ユシン  武術力
ピダム<ユシン  経済力
ピダム>ユシン  頭脳

となっていました。
(立ち読みなので、記憶違いだったらすみません。)

もう、立ち読みしていて笑ってしまいました。
2012-02-29 Wed 20:52 | URL | midorin #- [内容変更]
うさこ様こんばんはです(*^_^*)

>トンマンもその気!?は起きないかもですよね…(笑)
トンマンのユシンへの想いは本当には恋とか愛だったかどうか ̄(=∵=) ̄的には疑問です。

ドラマを見ていて・・・トンマンは恋愛においては、受け身な感じがしたんですよね~
ユシンを異性としては見ていなかったけど追い詰められて、周りが味方がいない状態で、自分を助けてくれる存在・・そして、国より、家族より、チョンミョンより自分を選んでくれる・・・・っていうところでユシンへの尊敬や信頼が愛情に変換していったのではないかと。
ナンド時代は自分は男性だと言い聞かせていたとはいえ、積極的な女性だったら、ナンド時代にすでにアルチョンに恋しているような(それは私だわ(笑)))
だから、ユシンへの慕情はトンマンなりの恋愛感情だったと思います。

>ユシンにあってピダムにないものはなんでしょうか?
既存の勢力でしょうか…?
その勢力の為に自己犠牲できることなのでしょうか?

midorin様のコメント通りだと思います(笑)
後、決定的な違いは 育った環境と考えてます。
ユシンは、小さいころから、リーダー教育を受けているし、ナンドを従えていたから、上に立つものの考えが染みついているのかなぁ~
だから、トンマンへの愛情も、自分のかわいい部下と言う考えが根底にあるような気がします。
自分のかわいい部下が実は女性で捨てられた公主で、命を狙われている。・・・・これは助けなくちゃ・・・(だって、俺のかわいいナンドなんだから(笑))
トンマンを女性として好きと言うよりは、不憫な部下が実は女性で困っている→リーダーとしては助けなくちゃ→恋心(笑)
になったような気がしているんですよね~(あっ、あくまでも感想ですよ(#^.^#))

ピダムは残念ながらムンノはリーダー教育はできなかったのかも・・・
言葉でいくら教えたとしても、常に二人でいたから、しかもムンノには逆らえないし・・・

愛情に満たされたユシンは弱いものを助ける習性?
愛情を欲していたピダムは自分が認めた人間を追いかける習性だったのかな・・・・と

・・・・なんか、書いていて、自分でもわけわかんなくなってきました(笑)

ただ、トンマンへの対応が・・・
ユシンは常に上から目線な感じがして結構むかついてました(笑)
ユシンの分際で・・・・なんてね(笑)

だから、やっぱり、トンマンにはピダムがぴったりなんだという事ですね(笑)

では・・・いい夢見てね(#^.^#)


2012-03-01 Thu 00:39 | URL | ミン #- [内容変更]
テヤン様へ

こんばんは ̄(=∵=) ̄

ちょっと今夜飲みすぎてしまったうさこです、 ̄( ̄▽ ̄;) ̄



>これからはするめの唄様を見習って印刷しようかしら。

印刷~うさこのお話では紙の無駄遣いになっちゃいますよー(笑)
他の方のお作は素敵なSS 揃いですからその価値があると思いますが。

赤と黒の二次拝読させていたきました、ありがとうございました。
掲載ブログ元様へおじゃましてコメントさせていただきました。(ぺこりん)
赤と黒の二次が増えると ̄(=∵=) ̄楽しみが増えてとってもうれしいです!!

お忙しくなられるかと思いますが、お時間のある時にでもまた是非お越しください。
待っています(ぺこりん) ̄(=∵=) ̄

2012-03-01 Thu 02:53 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
midorin様へ

こんばんは♪

>ユシンにあってピダムにないものはなんでしょうか?

>ピダム=ユシン 武術力 ピダム<ユシン 経済力 ピダム>ユシン 頭脳

面白いですね武術力は互角なのかな?でも軍事力はユシンの方が上ですよね~なんでピダムは軍事権を掌握しなかったんでしょうね?そんの機会も無くはなかったようにも思うのですが…ドラマだからかな(それをいっちゃあ…笑)まあドラマ云々はさておき軍事権を握るべきだったのではないのでしょうか?ユシンより頭脳的に上なら尚更。
経済力ですかーうーんピダムって欲がないんですかねぇ…基本的にトンマン以外興味ないのかも?
midorin様はどう思われますか?(うさは?な思いです)

>もう、立ち読みしていて笑ってしまいました。

ピダム>ユシン 頭脳には ̄(=∵=) ̄も笑いました。
ついでに性格と顔の項目もあったらよかったのに(爆)
2012-03-01 Thu 19:16 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
ミン様へ

こんばんは ̄(=∵=) ̄

>そして、国より、家族より、チョンミョンより自分を選んでくれ る・・・・っていうところでユシンへの尊敬や信頼が愛情に変換していったのではないか と。

なるほどー

アルチョンに恋して…路線はあるかな(笑)
でも固いお人なのできっとつまんないかも(笑)←うさこだけ?
でもそれをいっちゃあピダムもユシンも固い気もしますね(爆)

>ユシンへの慕情はトンマンなりの恋愛感情だったと思います。

そういう見方もありますかー。

>ユシンにあってピダムにないものはなんでしょうか? 既存の勢力でしょうか…? その勢力の為に自己犠牲できることなのでしょうか?

>midorin様のコメント通りだと思います(笑)

そうですかー(笑)

ユシンは、小さいころから、リーダー教育を受けているそしてピダムは残念ながらムンノはリーダー教育はできなかったのかも・・・

ムンノは失敗したの?

>愛情に満たされたユシンは弱いものを助ける習性? 愛情を欲していたピダムは自分が認めた人間を追いかける習性だったのかな・・・・と

ふ~~む…。

>ただ、トンマンへの対応が・・・ ユシンは常に上から目線な感じがして結構むかついてました(笑)

うーんユシンはトンマンにいつも無理をさせます!またトンマンが応えてしまうからまたまた理想とかこうあるべき…みたいな無理をさせる!

>だから、やっぱり、トンマンにはピダムがぴったりなんだという事ですね(笑)

結論はトンマンにはピダム!!ですね(笑)


2012-03-01 Thu 23:06 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #HuG4J.mM [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| 新月の小部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。