FC2ブログ

新月の小部屋

気ままに善徳女王創作二次小説を中心に他にも赤と黒の創作二次小説を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

菫の鍵

SS 愛してはいけないから

『菫の鍵』

*******

濃淡様々色とりどりの紫の花。
どこか、物憂いような霞がかった香りのまだ露のついた菫の花束を持ち、肩にその黒髪を滑らせたまま白絹の寝衣で立って、女王はその花に頬を寄せている。

春朝の煌めく目映い光は躰の弱っている女王のには強すぎるのか儚いようなその姿をいっそう儚く見せていた。

「陛下、私です」

入室の許可も待たず女王の私室に入ってきた男を見て

「ピダム」

振り向くようにして女王は男の名を呼びふわっと微笑んだ。

「陛下…起きあがってよろしいのですか?」

「ああ、お前が来る頃だと思って…」

「無理をなさらず、お休みになってください陛下…」

ピダムは女王をゆっくりと寝台に腰掛けさせた。

「ピダム…花、ありがとう」

「お気に召しましたか?」

女王は微笑み花束を持った手をピダムの頸に回した。
ピダムは少し驚いたが女王の背を優しく撫で

「どうなさいましたか?」

「………」

「お休みください」

「上大等の衣、お前によく似合う」

そう言う女王をピダムは深く柔らかな眸で息のかかるほど近くで見つめ幼子にするように鼻と鼻を少し擦り合わせた。

「あっ、ぴだむ」

女王は両袖で口元を隠しクスクスと笑った。




「陛下」

チュンチュはヨンチュン公が退室した後女王の執務室に一人残り彼女を見つめた。

「ピダムを上大等になさるとはしかも貴族の私兵を奴に集結させるとは、恐れながら余りに…」

「……余りに、危険か?」

「はい、陛下もご存知のはず」

「………」

「非常時とはいえピダムとその勢力にさらなる力をお与えになるとはそして今、局面はのりきったのでは?」

強い語気を押さえ損ねてチュンチュは言った。

(陛下のお考え解らぬではないが、相手はピダム並みの相手ではないしかも…)

「ピダム以外に貴族達がなっとくして兵を差し出すとはおもわぬが?」

「それは、そうですが」

「それにピダムは逆らわぬ、ピダムの忠誠心は確かだ。」

(チュンチュ…何故信じぬピダムとてこの新羅の忠実なる臣だ)

「ピダムの忠誠心?」

(ピダムの忠誠心の向かうところが新羅ではないのは御存じのはず)

「ああ」

「それをお信じになっての上大等ですか!」

この話しはピダムを上大等につけた日から燻り続けていた。

「我は新羅を愛しているその新羅にピダムが忠実であるのに不思議はあるまい。」

(陛下…御存じですか?愛が分けられないことを王とは地上の神、人の愛とは無縁とチュンチュは心得ます。だがピダムに王の心がわかりましょうや?そしてピダム相手に陛下は地上の神のままでおられましょうや…?)

「陛下がそのようにお考えなら」

「チュンチュ、案ずるな。」

女王は全てをその器に包み込む者の眸でそう言った。



あの時彼女は本当に素直になれた。

ピダムの涙がそうさせたのかそれとも握られた手の温もりがそうさせたのか気づけばピダムを追っていた。

あの霊廟の夜から数ヶ月ピダムを上大等にして政局を乗りきりユシン軍の勝利によってユシン派が大きく力を持つことも防いだ。
ピダムを上大等にしなければ貴族の統率をとることはできないましてユシンと婚を結ぶという皆の胸にいつも浮かびあがる思い、何時かそれが表に吹き出しかねないその考えを塞き止める為にはピダムを上大等に置き強く牽制するしかなかった。

けれどそんな政治的思惑とは別にあの夜ピダムの腕の中で心から素直に求める愛しさ、打ち消すことなどできない思いを改めて知らされた…。
そして時によっては自らの婚さえ政略の道具と考えていた、それをその考えを打ち破りただ愛する者に素直に微笑みかけるそれだけでいいんだと…。



春の夜の華やかなざわめきが静かな仁康殿へも漏れ届いていた。

倭国からの使節団との饗応の宴を抜けピダムは女王の室へ来ていた。

「陛下…ご気分はいかがですか?」

心配げなピダムの掌を取り一瞬美しく誰より愛らしい笑顔を彼に向けた。
次に女王の顔で

「ああ大丈夫だ、ピダム明日は私も使節団の謁見を受ける」

(新しい上大等の態勢の安定を図るため内外に隙はみせられぬ)

そう言った。

ピダムは女王を見つめ

「ピダムをお信じください、けっしていかようなる企みにも落ちはしませぬ、陛下をお一人にはいたしません」

(チュンチュ、奴になにが出来るさせはしない!)

ピダムは女王を強く抱き締めそう言った。

「ぁッ、ピダムぅ」



春の夜風はどこかで巻おこり企みを隠す…嵐をよぶまで

だが、この仁康殿で羽を寄り添わせ束の間憩う二人にはその音は聞こえない…

ピダムの腕の中では時の流れも星もその瞬きを止め春の夜を閉じ込める…
上大等の菫色の衣は女王の白い表衣に内着の花蘇芳の彩に重なって、それはまるで一対の春。

ピダムの想いだけがきっと、トンマンの気高き孤高の心を開ける…鍵








*皆様お読み頂きましてありがとうございます。
今回の『菫の鍵』はこのところピダムの上大等の衣の色が頭から離れず“菫の花束は心の鍵”というフレーズが浮かび続いて浮かびあがってきたお話です。
なのでいつもの司量部令ではなく上大等のピダムになっています。
時系列を追っていない ̄(=∵=) ̄の妄想SS ですどうぞご容赦ください。(ぺこん)


(1月13日.500拍手御礼)

別窓 | 愛してはいけないから | コメント:10 | ∧top | under∨
<<山笑ふ | 新月の小部屋 | 雪夜>>

この記事のコメント

うさこ様こんばんは♪
テンプレートが変わっていたので、更新されてる\(^ー^)/と思ったら、上大等ピダム〜(*^o^*)
でも、トンマンの体調が悪くなる頃なので、やっぱり儚げなSSですね。SSのように、ピダムがトンマンの体調をしっかり把握していたら、こうして女王を支えて、ずっと一緒にいられたのかな〜とか思っちゃいますよね(T_T)
頼りがいのあるピダムが描かれていて素敵でした!トンマンも素直に甘えているし、コレコレこの二人が見たかった〜と萌えました(^w^)
2012-01-27 Fri 19:42 | URL | あき #- [内容変更]

うさこ様


こんばんは〜

今まで上大等の衣の色に触れたお話は何処にも無かったので…とても新鮮な感じがします。
しかも紫色ではなく菫色!
うさこ様の色に対する想いが感じられます。

そして「菫の花束は心の鍵」
なんて素敵なフレーズなんでしょう♪

上大等の衣装→菫色→菫の花束→ピダムの愛→トンマンの心の鍵

春の香りと愛をいっぱい感じます。


ピダムには上大等の装束が似合わないって巷では言われてる見たいですが…

テヤンは結構好きです♪

似合ってますよね〜(すみませんm(__)mピダム・ナムさんラブの私の目には何を来ても素敵♪に写るので(笑)

あの衣装はトンマンのピダムに対する信頼と愛情が詰まってる訳ですし。


今回、うさこ様がSSにして下さった菫色の上大等の衣装に注文して、「善徳女王」改めて鑑賞して見ようと思います(ピダムだけですけど…ヨンチュンごめ〜ん(笑)

2012-01-28 Sat 18:15 | URL | テヤン #vbu/5PMA [内容変更]
あき様へ

こんばんは ̄(=∵=) ̄
今日は休日出勤のうさこでした。
今夜と明日はごろごろする予定です(笑)←ごろごろの予定って!?

> テンプレートが変わっていたので、更新されてる\ (^ー^)/と思ったら、上大等ピダム〜(*^o^*)

そうなんです上大等ピダム〜♪です(笑)
今回のお話の二人はまだ国婚の宣言がトンマンの口から出ていない時期の設定です。

>でも、トンマンの体調が悪くなる頃なので、やっぱ り儚げなSSですね。

う〜ん書いてみてやはり淡い幸福という感じがうさこもしました。

>SSのように、ピダムがトンマン の体調をしっかり把握していたら、こうして 女王を支えて、ずっと一緒にいられたのか な〜とか思っちゃいますよね(T_T)

いやー女王とピダムの関係は二人の心いやトンマンの心がピダムを求めれば求めるほど周囲は危険を感じると思うので愛すれば愛するほど殺伐としてくるかも…(←やめて〜←自分で言っときながら)

>頼りがいのあるピダムが描かれていて素敵で した!トンマンも素直に甘えているし、コレコレこの 二人が見たかった〜と萌えました(^w^)

ありがとうございます。
儚くても、幸せでも、時に淋しくてもピダムは何時もトンマンを守り続ます。
あき様の萌えポイントに入った?お話でよかったです(笑)

嵐の“上大等編”はまたいつか書くこともあるかと思いますが“司量部令編”がかなり?長いと思うのでなにせ十年分なのでたりつくかどうか(爆)

ありがとうございました、コメント頂けるってすごく嬉しいんですよね(ぺこん)

それではまた…


2012-01-28 Sat 19:12 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
上大等編・・・・素敵でした。

テレビでは、ラブラブ期間がほんと短くて、(;一_一) つまんなかった分、こういうシーンがあると考えると・・・・とても喜びます(笑)

菫の花言葉は
   「小さな愛」「誠実」
(紫)「貞節」「誠実」
(白)「誠実」「謙遜」「あどけない恋」「無邪気な恋」
(黄)「牧歌的な喜び」「慎ましい喜び」


ピダムのトンマンへの愛は菫の花言葉のように誠実そのものなのにね・・・
なんか悲しくなっちゃいますね





2012-01-28 Sat 21:57 | URL | ミン #- [内容変更]
テヤン様へ

おはようございます ̄(=∵=) ̄
お休みなのにもう目が覚めてお布団の中でスマホで遊ぶうさこです(笑)



>今まで上大等の衣の色に触れたお話は何処にも無かったので…

あの衣の色はでも、とても綺麗ですよね。

菫の花は毎年変わらず野に咲くけれど…一旦手折ってしまえばすぐに枯れてしまう儚い花なんです。
なのでその僅かな美しい時を彼女だけに見せる為、まだ露に濡れた菫の花を届けさせる。

>春の香りと愛をいっぱい感じます。

このSS の春の淡い感じを、その中の二人の想いを感じて頂けて嬉しいです。

>ピダムには上大等の装束が似合わないって巷では言われてる見たいですが…

そうなんですか!?(笑)
女王がピダムに菫色の衣を授ける(上大等の位を授ける)のには深い意味のあることでとてもいいと ̄(=∵=) ̄は思っていたのですが‥
そうなんですか〜巷では受けは今一つだったんですね(笑)

>あの衣装はトンマンのピダムに対する信頼と愛情が詰まってる訳ですし。

そう!まさにそれなんですよー(にこにこっ)

*ところでここでお聞きするのもなんですがテヤン様はゴヌクもお好きとおうかがいしましたが、前にするめの唄様にもお聞きしたんですがあのドラマのゴヌクと誰の組み合わせがお好みですか?もしよければお聞かせください。(ぺこん)
最近道草?いや寄り道的に妄想することがあるもので(笑)
“もし、それでも僕(俺)が近づいたら?”


それではまた…

2012-01-29 Sun 07:10 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
ミン様へ

おはようございます。

今日は近くの図書館に県立図書館の方が来て図書カードを作ってくれるらしいので行ってみようと思います。
それがあるとネットで借りられるそうなので…(ちょっと嬉しい)



>上大等編・・・・素敵でした。

ありがとうございます ̄(=∵=) ̄今回の“上大等編”は嵐の前のそのまた前の春の夜風が何処かで危険をはらんでざわつくそれと同時に対極?の菫の淡い儚さの中にある綺麗な二人の想いを書いてみたつもりです。
“上大等編”(←書けるのかな?)はきっと激しく風雨にみまわれると思うので。

>テレビでは、ラブラブ期間がほんと短くて、(;一_ 一) つまんなかった分、こういうシーンがあると 考えると・・・・とても喜びます(笑)

うさこの世界ではどういう状況であれ二人は深く想いあっていると思います。

>ピダムのトンマンへの愛は菫の花言葉のように誠 実そのものなのにね・・・ なんか悲しくなっちゃいますね

悲しいほど美しい愛…儚くて激しくて、それが遥かな時を経ても名を残す二人に合うようにも思えます。

 ̄(=∵=) ̄の世界の二人の愛がこの先どんなふうに新羅を駆けぬけていくかはうさこ自身にもわかりませんが…

いつも妄想うさワールドにお越しくださいましてミン様本当にありがとうございます。

妄想の続くかぎり書いてまいりたいとおもいます。(不安定な妄想力ですが…)

それではまた…(ぺこりん)

2012-01-29 Sun 08:04 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]

うさこ様


こんにちは〜
今日は関東は風が強くて、風圧で窓を開けるのに四苦八苦しております(*_*)


ゴヌクの件ですが…
ムムッ(@_@)
私にとっては結構難しい質問です。それ!

ここから、長いですm(__)m

ラブシーンの萌えとセクシー度ではテラとが一番と言うのが一般的なんでしょうが…

テラ姉さんへのゴヌクの気持ちって同情心が強い気がして(勿論騙すのが目的ですが…)

自分が癒されることはないと思うんです。
だから△


モネはすみませんm(__)m論外です。


ジェインへの気持ちがゴヌク的には一番強くて、自分の気持ちを分かって欲しいと思ってるのは確かですが…
ジェインのキャラが物欲強いから(笑)
ゴヌクも今一つ接近出来ず、出来た時には時遅しって感じでしたから…
まぁ○ですかねぇ。


ソニョン姉さん。
彼女が姉さんから恋人になってくれていたら◎だったでしょうね。
でも姉弟から恋人は無理があるから。やはり△。


こうやって考えるとテヤン、このドラマの女性キャラに余り共感出来ないんです。

何故?


じっくり考えるとゴヌクとテソンの関係が一番好きかもしれません(あっ私、そっち系じゃないですから(笑)

「悪い男」と言う題名からすると、ゴヌク対女性へ目が向くのかもしれませんが…
悪い男はゴヌクだけでなく、テソンを含め、あのドラマに出て来る殆どの男性だとすると…
それに騙されたり、時には強くあらがう女性たちとの物語として見ると面白いのかなーと思ったりもしました(テソンパパvsママとかも)

ソダムにゴヌクが突き落とされる場面も…
ある意味ソダムも悪い男(おじさん)に我が侭を言える女性として表現されているのかもしれません(リトルモネ)
だって普通ならゴヌク彼処で死んでるし(笑)


結論として絵的にはテラと、心情的にはジェインになります。

2012-01-29 Sun 13:23 | URL | テヤン #vbu/5PMA [内容変更]
テヤン様へ

こんばんは ̄(=∵=) ̄
うさこのところの今日は寒いけど風はあまりなく晴れていました。



>ゴヌクの件ですが… ムムッ(@_@) 私にとっては結構難しい質問です。それ!

すみません(ぺこん)変な質問をしてしまって。

>ラブシーンの萌えとセクシー度ではテラとが一番と言う のが一般的なんでしょうが…

>テラ姉さんへのゴヌクの気持ちって同情心が強い 気がして(勿論騙すのが目的ですが…)

なるほどきっとそうですね ̄(=∵=) ̄

>自分が癒されることはないと思うんです。 だから△

ゴヌクは癒されることを求めているんですよね家族というものに…と ̄(=∵=) ̄は考えますなのでただの恋人ではゴヌクにとってその癒しは弱いんですよねうさ的には…

“もう一度ゴヌクが求めたら?”
(この妄想はドラマその後…で)
それは誰かな…と思って。

>結論として絵的にはテラと、心情的にはジェインに なります。

まあ、ジェインとだと希望がありますよね…
テラとだと再び引き返せない祝福されない路がまってますよね…

う〜ん(笑)
 ̄(=∵=) ̄のゴヌク妄想‥彼は北の空に一つだけ耀く蒼い星、それは闇の中に凍てつくように耀く星…

いや…すみません。
そしてうさこの質問にお答えくださいまして本当にありがとうございました。

それはまた…(ぺこりん)


2012-01-29 Sun 17:22 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
うさこ様

こんばんは~♪

テヤン様とのコメントのやり取りが面白くて、参入してきました~。

ピダムの上大等の衣装が、巷での評判が悪いというのは、私も初耳です。
私的にはヅラとメイクに不満ですが、衣装はいけてると思っています(笑)
ナムさんが、やくざやチンピラ役が続いたせいか、ちょっと身のこなしが「う~ん」でしたけど(笑)ユシン(刑事)と一緒にいるとチンピラに見えてしまっていました(爆)(←コラ)

今回も、ピダムに素直になるトンマンは、素敵でした☆

ドラマでピダムの乱直後にトンマンが「ピ、ピダム」と、どもったセリフの訳があってツボだったりします。

ゴヌクなんですが、髪が短くなって、デコが隠れたら・・・エロが減りました。
私はナムさんのエロをデコに感じるみたいです(笑)

そして!うさこ様の「闇の中に凍てつくように耀く星」という表現に絡めとられてしまいました。

2012-01-29 Sun 20:52 | URL | するめの唄 #c4NM/iBU [内容変更]
するめの唄様へ

こんばんは、そしていらっしゃいませ ̄(=∵=) ̄

>テヤン様とのコメントのやり取りが面白くて、参入し てきました〜。

くすくす… ̄(=∵=) ̄は嬉しいです!

>ピダムの上大等の衣装が、巷での評判が悪いと いうのは、私も初耳です。 私的にはヅラとメイクに不満ですが、衣装はいけ てると思っています(笑)

本当に別に衣はいいと思うのですがただ衣とセットのお帽子はちょっと↓ですが(笑)

でもユシンに「おめでとう」と言われたあと陛下のもとへ向かおうとする時の表情が上大等の衣装にとっても映りがよかったと記憶します。
あと陛下を寝かしつけるポンポンのシーンも。

>ユシン(刑事)と一緒にいるとチンピラに見 えてしまっていました(爆)(←コラ)

面白いです(笑)

>今回も、ピダムに素直になるトンマンは、素敵でし た☆

そうですね…地上の神であり続けるにはピダムの想いがあまりに真っ直ぐで変わらず純粋だからそれを写す鏡のようにトンマンが素直に見えるのかもしれません。

>ゴヌクなんですが、髪が短くなって、デコが隠れ たら・・・エロが減りました。 私はナムさんのエロをデコに感じるみたいです (笑)

なるほど〜たしかに…ふむふむ。

でもーそいえばタイトルですが『悪い男』というのも『赤と黒』といのもどんなもんでしょう?と ̄(=∵=) ̄は感じますが(笑)

>そして!うさこ様の「闇の中に凍てつくよう に耀く星」という表現に絡めとられてしまい ました。

あらぁ…ありがとうございます(うふっ)

あのお話にもし続きがあるとしたならきっと『沈める時の行方』という感じが ̄(=∵=) ̄的には好きです。
ただ単に今思いついただけですが(すみません…ぺこん)

ますます妄想加速の ̄(=∵=) ̄かも!?(←やめなきゃね)(笑)

それではまた…

2012-01-29 Sun 22:51 | URL | うさこ ̄(=∵=) ̄ #- [内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧
 

| 新月の小部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。