新月の小部屋

気ままに善徳女王創作二次小説を中心に他にも赤と黒の創作二次小説を綴っております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

花香…2

SS 愛してはいけないから(番外編…現代)


『花香』…2


*******


春の宵闇に何処からか花の香りが風に乗り運ばれてくる…

「ピダム…この辺りか?」

「はい、この先の角を曲がれば」

ピダムは仄白い闇に目をこらし道の先を見た。
トンマンもピダムの視線を辿るように同じ方向を見た。
不思議なことにその先へ踏み出せば何故か闇が濃くなる、そんな気がした。

「行くぞ、ピダム」

踏み出そうとした公主の腕を捉えた。
ピダムは自分の頸の後ろ辺りがチリリとするのをは感じていたからだ。
何故ならそれは昔から危険を予知するかのように時に彼に何者かがそれを知らせる合図のように感じるものだからだ。
そして確かに今彼の頸の後ろはチリリとしていた。
腕を捉えられトンマンは訝しくピダムを見た。

「どうした?」

「いえ、お気をつけください…」

(ただならぬ気配を感じる…これはなんだ、これは…)

ピダムの緊張が掴まれた腕を通してトンマンにも伝わってきた。

「何か、感じたか?」


「………」

ピダムは無言であった。

(これは…、いや‥確かにずっと以前出会ったあの獰猛な威圧感そして殺気!)


「………いえ、気配が‥消えました」

「何者か?」

「…思い過ごしです」

「痛いぞ、少し力が強すぎる…そなたも緊張するのだな」

そう言ってトンマンは彼の腕をぽんぽんと軽く叩いた。

「申し訳ありません」

ピダムは腕を離したが、歩きだそうとしたトンマンの手を握って

「こうしていましょう」

そう言った。
トンマンは驚いて見上げたがそう言ったピダムの顔がいつになく強張っていたから、なんだかそのままその手を離しそびれた。

そしてその誘うような花闇に向かって二人は踏み出していった。

この前調べた時とは何かしら違う邸の並びをピダムは訝しく思いながら歩いて行く。
そうして歩くと暗闇のなかギィーっいう音が恰も聞こえるように六間ほど先の屋敷の木戸が風にでも押されたように開いた。
一瞬顔を見合わせた二人は頷きその扉へと急いだ。



「ピダム…」

トンマンは思わず声をあげた。

「これは…このように早く、梅が咲いているとは…」

扉の中へ足を踏み入れた二人は白梅紅梅の咲き乱れる梅林の中にいた。

ピダムも思わずその不思議な美しさに驚いたが庇うようにトンマンを後ろにやった。

「これは、これはお客様…おやこれは珍しい…龍をお連れですね」

そう響くような深い声が闇の中から聞こえて続いて一人の立派な体躯の男がまるで獲物に襲いかかる前の獣のように足音もなく現れた。

「……そなた、この屋敷の者か?」

「はい」

「近頃このあたりで奇妙な事件が後をたたない何か知っているか?」

「……龍の後ろに居られます姫様に申し上げます」

「………」

「お城までお騒がせいたしましたこと、まずお詫び申し上げましょう」

「ならばやは勾引かしはそなたの仕業と?」

「勾引かし?いえちゃんと皆様お返ししたはず‥たんと楽しい思いもして…何かいけませんか?」

「…お前、俺と会ったことがあるな‥その金色の双眼!」

「まだ私は姫様とお話ししている途中だ!随分無粋な龍のを連れてお出でだ」

「お前が先程から龍と呼ぶのはピダムのことか?」

「ピダム…ピダム、ああ確かにそんな名前でした、もう十年もそれ以上も前不敵にもこの私に傷を負わせた子供がいました」

そういって男は袖をたくしあげ腕を見せた。
そこには深い矢傷の後があった。

「覚えているか、龍の小僧?」

「……お前俺を探してきたのか」

「勘違いするな、ようやっとこの新羅にも春が来たと知り見に参ったまで、そして此方にお運びいただいたというわけさ、まさか月城まで行くわけにも参るまい。私が会いたいのはその姫様だお前ではない」

「!いったい公主様になんの用だ!?」

「だからさきほど申した通り私は三韓の女王の顔を見に参ったと、…確かにその甲斐があった…が女王は思いもかかけぬ随臣をつれておったがな」

これは面白い、とばかりにその男は笑い金色の眸を目映いばかりに耀かせた。

「公主様、こいつは人ではありません!」

「ピダム!?」

トンマンはピダムのすぐ後ろからその身なりの大層立派な大柄で体格のよい隆とした様子の男をじっと見た。
その時たっぷりと蓄えられた口元の髭が揺れ金色の双眼が辺りに広がるように強い光を放ち凄みを増して耀いた。

トンマンは制するピダムに首を振り一歩前へ出た。

「私は三韓の女王に成れるか?」

「…恐らくは‥ただ人の子の命は短い急がれよ女王」

「大層な言葉を頂いた、名を訊いてもいいか?」

「雲白と申します」

「それと女王にもう一つ申し上げておきましよう、龍の扱いにはよくよく注意なされよ、吉とも凶ともなる駒ゆえ」

トンマンは後ろで今にも切りかかからんと剣を抜くピダムを後目にの雲白の言葉に微笑んで頷いた。

「雲白のご忠告忝ない胆に命じましょうだが、龍は国護ると信じる」

雲白はゆっくりと頷き微かに笑い

「この雲白、梅の香りは天の清香その啓をお伝えしたまで」

次にピダムを見て雲白は言った。

「龍ピダム、女王を信じきることだけがきっとお前を守ると思え…もう逢うことも有るまい太白山の主、雲白よりの餞だ」

ピダムはなにおっ!!というように剣を向け地を蹴るように踏み出した。


その瞬間一頭の白い虎が雲間から射し込む月の光に照らされその姿を現した。

梅香のなかピダムと白虎は対峙し其はまるで龍虎画のようであった。

「ピダム止めよ!!」

トンマンの声にピダムの剣先が僅にゆれた一瞬白虎は跳躍し塀を越えた。

「追うに及ばず…ピダム」

トンマンはピダムの手を掴んだ。



月明かりが早春の闇を明るく照らしだしている


「さあ帰るぞ、白虎を追う暇などない人の子の命は短いそう雲白は申しておった、三韓の女王にならねばな」

強くピダムの手を握り甘茶に煌めく眸で彼を見つめ微笑んだ。

「公主様は私の女王です」

ぷっ、と吹き出すようにトンマンは笑い

「ああ、ピダムの女王が三韓の女王になるそれならどうだ?」

それなら承服だとばかりにピダムが真面目に頷くのでこんどこそトンマン公主は誰憚りない明るい笑い声を立てた。


帰り際もう一度二人は夜の梅林を振り返った。


「また逸か会いにくるこの梅花に誓う、必ず女王になると」

トンマンが言いピダムも頷いた。


梅花は微笑み、二人を見送るように思えた…




ソラボルを一時騒がせた怪しげな話しはいつの間にかたち消え誰も公主とその花郎が出会った不思議な出来事など知らぬ。


ただ梅木のみぞ知る、梅香が運ぶ物語。




古書の最後の項に

―――徳漫公主その元名を人明、ピダム郎その元名を炯宗と記す―――――― 一巻

そう書かれてあった。

読み終わって、インミョンとヒョンジョンは何も言えずにいた。

インミョンは驚きと不思議な思いでいっぱいであった。

そして暫くの間二人はただ黙っていた。

静かに閉じられた本を手にヒョンジョンとインミョンは遠い古の時が再び動き出したような気がした。

「偶然でしょうか?」

そうヒョンジョンは言う

「………」

「僕は君が来る以前にこの本を見つけた時、きっとトンマンが逸かここに来る、何故だかそう思ったんだ」

「……でもこの二人が歴史上の二人なのかそれとも、いえ単なる面白可笑しな読本の可能性のほうが高いもの」

「……そう思うの?」

「………………可能性は…………そうね、馬鹿馬鹿しい読本そうは感じないわ、困ったことにね」

そう言う彼女をヒョンジョンは本当に魅力的な笑顔で見つめ次の瞬間インミョンの手は彼の手の中にあった。


不意に何処からか高雅で品のよい香りに二人は包まれた。

驚いて振り返ると店主が立っていて

「それは…」

二人が同時に言う。

「ああ…これはかなり古いものらしいんですが大昔この辺りにあった梅木片です…さあただの古木片ですが焚と香りはいいので香木代わりに時々古書に香りを聞かせています」

「……いい香り」

「きっとこれは時を経ても変わらぬ香りです…」

静かにヒョンジョンが言う。





小路を歩くインミョンの手にあの綴じ本花香がある


「その本、時々見せて頂いてもかまいませんか?」

「‥ええ、勿論それに私この続きを探してみたい」

「僕が探します」

ヒョンジョンの言葉にインミョンのクルリとした甘茶の大きな眸がちょっと楽しそうにキラリと光り

「ヒョンジョン郎一緒にこの本の続きを探すぞ!」

そう言った。

二人は顔を見合わせて緊張が解けたように笑い合った。


そして申し合わせたように振り返った。



振り返ったその先には梅林の中の雲白堂古書店が小さく見えていた。





“白虎が護る花香、時にその香は他ならぬ香りで人の心を拐い奪う、だがその香の中の清らかさを聞くことの出来る者は逸か再び想い合う者と巡り逢う”















*『花香』…2お読み頂きましてありがとうございます。



梅花の香りは天の清香…その香りはきっと想う者、恋うる者達を逸か再び巡り逢わせます。

白虎は毘沙門天の使いとも化身ともいわれています。





スポンサーサイト
別窓 | 番外編集 | コメント:0 | ∧top | under∨

闇の弦鳴

SS 愛してはいけないから

『闇の絃鳴』

*******


初秋の風夜、張りつめた絃が渡るような三日月の光

闇に浮かぶその月琴を爪弾く者は…



ピダムは宮廷にその勢力を伸ばしその政治力それは水面下にありながらも水面を揺する龍の息づかいの様ですらあった。

右にユシンを左にアルチョンを頼みそして懐剣のようにピダムを離さずいたが、百済軍の動きが怪しいとの報告を大伽耶城からうけたがまだ全ての城主ましてや百済の動きを把握しているとは到底云えぬ状態であった。
百済に動きが知りたいが誰をその任にやるか。

女王の視線はピダムへ向けられた…。



ピダムのいない司量部ではミセンとソルォンが卓を間に座り誰聴かれぬ声で話していた。


「司量部令に直々に潜入の命がくだるとは…」

ソルォンが言う。

「……あまり懐に置きすぎても…という配慮というよりこれでは司量部を…」

「此のところピダム公の手腕は見事ですからな…姉上の息子ですからさすが血は争えぬということでしょうか…ですからピダム公を常に政治の中枢には近づけぬよう時に陛下は陛下の元から意図的に離す?」

ミセンは鋭い眸と笑いを口の端に刻みながらそう言った。

「…確かにピダム公の進言は的を得ていて陛下の推し進める政治には欠かせない、その実行力も確か…牽制されますね、これは」

「いや…ピダム公は鋭敏で知略に長けていますだからこそ陛下はピダム公をお側に置かれているが…陛下というお方はピダム公以上に冷徹な一面をお持ちだ、この度のことにしても懐刀のピダム公へあえてお命じになった。」

「………冷徹ですか…冷徹、確かに。我々の命をあの時奪わなかったのも冷徹と言えなくもないですね…姉上の屍の上に我々を立たせて自分の政治の駒とする。」

ミセンは皮肉と自嘲まじりにそう言った。

「………ピダム公は、いえ我々はもっと鋭く爪を食い込ませねばなりません」

「ええ飼い犬にあらず…陛下が手元に置かれたのは…龍ですからね……」

ニヤリと強かにミセンは笑った。

「そうです…龍ならば龍の子ならばどのようなめにあおうと必ずやここ半月城へお戻りになります」

ソルォンは言い眸を閉じながら遠く思いを馳せた。




日が沈みまだ残る熱を風が急激に静めていく。

それは昼と夜で季節を分ける程肌に感じるそれは心地よくもあり油断すれば病の元ともなる。
だが鍛えあげられた男達の一団はそのような季の中の巧妙なる罠さえ軽々と飛び越える。

「急げ!」

司量部令ピダムの声が僅に発せられ彼より一馬身遅れて追走する部下が手を後方へと上げ合図を送る。
闇の中のその合図到底普通の者ならば見えまい、が彼等はそれを難なくまた後方へと同じく知らせてゆく。

闇を駆けゆくその一団は新しく女王を戴いた新羅のその女王直属の新設司量部の長官とその精鋭の部下たちである。

司量部は主には諜報収集を主なる職としているがそれは女王の命を秘密りに行う特殊な部署でもある。
そして彼は卓越した女王の参謀でもあった。

「司量部令、敵はどうやら諦めたようです。」

「………。」

「この先の地形は?」

「ここを行けば一旦道は狭くなりますが暫くすると開けてその先に丘がありすぐに新羅の領土となります」

ヨムジョンが馬上で皮の地図を広げ見せる。

「他は?」

「‥他の脱出の道は沼地です、馬では無理です」

「……沼地か‥お前は俺と来いあと数名連れてそちらから行く」

「ですが、馬は!?」

「さあな、馬より己を案じろヨムジョン、あとの奴等には合流はソラボルとだけ伝えよ、時間はない、行け!」

ピダムはふたてに別れた。


細い月が魑魅魍魎が闇から這い出す一瞬前の静けさにいて青白く空を照らしている。

目の前には果たして底が有るのか不安を覚えるほど不気味な沼地が夜目に広がっている。

「ここを渡るんですか?」

と、震えたような声でヨムジョンが言う。



トンマンは命を申し渡した時のピダムの顔色一つ変えぬ端正な横顔を思い出していた。

(ピダム…)

心で小さく呟く。

(ヨムジョン辺りにぼやかれておるか…こんな見返りの無い仕事をまたもや引き受けたかと‥)

(だが私の知りたいことを知っていいのはやはりお前だけだからピダム、……無事か?)

そう眠れぬ中寝台の上に身を起こして女王は遠くの遥かな音さえ聴き漏らすまいとするように眸を閉じていつまでもそうしていた。


(…知られたくないことでさえ、本当はお前だけには知っていてほしい)



闇に広がる沼地は恐ろしく不気味に思われた。
沼から風がピダム達数人の男達の頬に吹き付けてくる。

「恐れるな!ソラボルからの風と思え!越えられねば帰還は叶わぬ、行くぞ!!」

ピダムの号令で男達は夜の沼に体を沈めるようにして渡っていく。

(おれの読みが甘ければ…終わりだな‥ここを狙われれば生き残れまい)

そう腹を括り音をたて鳥や夜に潜む者たちを起こさぬよう静かにだが必死で沈みそうになる体を前へと押し出す。
後方でゴボリッと音が聞こえた。
ピダムは振り向かぬ。
沼に潜み獲物を狙う大魚に食われたやもしれぬが…低い呻き声が聞こえて‥途絶えた。
形相をかえ暴れ進もうとして足をとられる者がいる。
だがピダムは変わらず静かにだが黙々と前へ前へと力強く体を推進させる。
ヨムジョンも死にたくなければピダムに付いていくしかない!その思いだけは誰よりある。
前方のピダムに遅れまいと前進する。

どのくらいたったかもうだめだと皆彼感じたその時ようやく彼等は自分達が沼地を渡り切ったこと知った。

沼を振り向く者はいない、ただいなくなった者をさっと互いに目で確認した、それだけであった。

「ここからは?」

ヨムジョンが訊く。

「あの山を抜ける」

「あっ、あれをですか」

「ソラボルへはお前の地形図ではそれが最短ではなかったか?」

「そうですが…」

ピダムに文句でもあるのか?と一睨みされヨムジョンは押し黙った。
他の者共は無論異を唱えなどできはしない。
そして彼等は切り立つ程の険しい山を夜を撤して越えた。

夜明けの光を新羅の領土で見ることの恩恵をピダムと共にうけたのはヨムジョンとわずかに三人のみであった、血ヘドにまみれていたが。
だがやはりそれは恩恵と言わねばなるまい、別れた部隊とソラボルで合流することはなかったのだから。



半月城の城門を入りピダムはソルォンとミセンに迎えられた。

「いかがでしたか?」

「見ての通りです」

「随分なめにおあいになられたようです、お休みください」

そうソルォンがいい軽く頭を垂れる。

「いや、身支度を整え陛下のもとへ参ります」

「陛下には私がご報告いたしておきますですから…」

ミセンが疲れきったピダムを休ませようと言うが



「…私でなければ駄目です」





「……そうですね‥きっと報告をお待ちのはずですね」

ソルォンは言った。


重い仁慶殿のその奥の扉は彼の声で静かに開かれる。

「陛下、臣ピダムただいま帰着いたしました。」

女王の私室、寝衣のままで彼女が椅子から立ち上がった。


「百済の動きは掴んだか?」

「はい、それから新しい武器をこの目で確認いたしました。」

「そうか、見たか!」

そう女王は言いピダムの手をとった。

ピダムはこの時出立してから今までのことが報われたように思えおもわず破顔した。

ピダムの笑顔を見てあわてて離そうとした女王の手を握り返しその手を離さず言う

「誉めてくださいますか?」


「ああ、だが手柄を誉めるのではない…無事で、よく無事であったと…………ありがとうピダム」

女王は言う。

ピダムは眼を見張った。

「なんだ、私が手柄だけを待っていたとでも?」

少し横を向くような拗ねた仕草で女王が言う。

頬に手をあて此方にむかせる

ピダムの眸に焔が灯る。
その焔はトンマンの眸に燃え移り…


中天には高く煌々と弓月…


(お前を遠ざけ牽制してなおお前を想う…ピダム)

(俺でなければダメなはず、そう信じること、そうあることだけが全てだ!)


月琴に通る風は時に様々な弦鳴を弾じる…

眠る龍の蠢きも

闇に消えた幾つもの命



そして

帯たがいに解きかわし臥す衣擦れの音…



―――月弦は奏る―――――





*『闇の絃鳴』お読み頂きましてありがとうございました。

先日より風邪をこじらせしかも月の障りまでやってきて…寝込んでいる脳に急に沼地を行くピダム達が不意に浮かんできて…なんとか書き留めてみました。


もしかして、纏まりがないかも…。











別窓 | 愛してはいけないから | コメント:0 | ∧top | under∨
| 新月の小部屋 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。